GRUB2へのアップデートメモ

Arch LinuxでGRUB2が推奨となり GRUB(Legacy)がAURに移動しました。
よってGRUB2に移行してみましたので、そのときの作業記録メモです。

以下はrootユーザで作業を行います。

GRUB2をインストールする前に、GRUB のファイルをバックアップしておきます。

# mv /boot/grub /boot/grub-legacy

起動コードおよびパーティション テーブルを含む MBR のバックアップ(/dev/sdX ここは各々のPCに合わせます)。

一応確認しておきます。

# parted -l

私は「/dev/sda」でした。

# dd if=/dev/sda of=/root/grub_backup/mbr_backup bs=512 count=1

grub-biosをインストールします。

# pacman -S grub-bios

古いgrubを消してもいいか聞いてくるので「y」しました。

440 バイト MBR ブート コード領域にインストールします。

# grub-install --directory=/usr/lib/grub/i386-pc --target=i386-pc --boot-directory=/boot --recheck --debug /dev/sda
# mkdir -p /boot/grub/locale
# cp /usr/share/locale/en\@quot/LC_MESSAGES/grub.mo /boot/grub/locale/en.mo

GRUB2 の BIOS ConfigFileを自動作成します。

# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

再起動

うまく起動すれば、OKです。

途中で戻す場合は以下を参考に

https://wiki.archlinux.org/index.php/GRUB2#Restore_GRUB_Legacy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>