Allegroの初期設定

まずは、開発に必要なものをインストールします。

$ packer -S cmake geany allegro git

フォルダ構成は以下を想定します。

[sample001] ← メインフォルダ
  [src] ← ソースフォルダ
  [bin] ← 実行フォルダ

main.cpp

#include <stdio.h>
#include <allegro5/allegro.h>

int main(int argc, char **argv)
{
    ALLEGRO_DISPLAY *display = NULL;

    // 初期化
    if(!al_init()) {
        fprintf(stderr, "failed to initialize allegro!\n");
        return -1;
    }

    // 画面の作成
    display = al_create_display(640, 480);
    if(!display) {
        fprintf(stderr, "failed to create display!\n");
        return -1;
    }

    // 画面のクリア
    al_clear_to_color(al_map_rgb(0, 0, 0));

    // 裏画面の切り替え
    al_flip_display();

    // 10秒待つ
    al_rest(10.0);

    // Allegroの解放
    al_destroy_display(display);

    return 0;
}

CMakeLists.txt

# cmakeのバージョン
cmake_minimum_required(VERSION 2.8)
# プロジェクトの名前
project(sample001)

# コンパイルするソース
set(sample001_SOURCES
src/main.cpp
)

# インクルードディレクトリ
include_directories(${CMAKE_BINARY_DIR})
# 実行ファイルの生成
add_executable(bin/sample001 ${sample001_SOURCES})
# ライブラリのリンク
target_link_libraries(bin/sample001 -lallegro)

コンパイル&実行

$ cmake .
$ make
$ ./bin/sample001

背景が黒い画面が10秒表示されたらOK。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>